舞鶴市立余内小学校

H29 授業研究会

1年 算数科「ひとと もののかず」
本時の課題
 いちごが14こあります。9にんのこどもに1こずつわたすと、なんこのこりますか

 
 ふきだしの交流の中の「個と人で単位がちがいます。」という意見から、単位のちがうものどうしがどうして計算できるのかについて考えました。1こずつわたすというイメージを深めるために動作化をしたり、ブロックを使ったりしながら考えました。



2年 国語科「どうぶつ園のじゅうい」
 説明的な文章の学習において、獣医さんの一日の仕事について読み取りました。自分の感想を持つことをめあてに、時間を表す表現、仕事の内容、その理由について読み取り、獣医さんの仕事についての感想を書いたり、話したりしました。
 
6年 
    算数科「速さ」
本時の課題
 秒速20mで走っている電車があります。電車の長さは60mです。この電車が、長さ40mのトンネルを通過するのに何秒かかりますか。

 
    国語科「未来がよりよくあるために」
 よりよい未来についての自分の考えをまとめ、交流しました。自分の考えの根拠を示したり、説得力を高めるために資料を調べたりする活動にも取り組みました。友達の提案を聞き、気付いたことや改善点等について伝え合い、さらに文章を推敲していきます。
 


3年 国語科「もうすぐ雨に」
 
 主人公が動物の言葉が分かるようになる不思議なお話。ファンタジーの世界にしっかりと浸りながら、主人公の気持ちを表す表現などについて読み取りました。


5年 算数科「同じものに目をつけて」
本時の課題
  遊園地の入場券1まいと乗り物券7まいを買うと1200円になりました。
  入場券1まいと乗り物券5まいでは、1000円になるそうです。乗り物券1まいのねだんは何円ですか。
 
  共通する部分を差し引いて考えることのよさを用いて問題解決を図る場面についての学習でした。「ふきだし」を用いて場面理解を図るだけでなく、絵図や線分図をかいたり、それを用いて説明したりすることを通して学習の定着を進めようと取り組みました。しかし、「差し引く」ことのよさやその考え方の利便性について実感させることに課題が見られました。事後研究会でもその点について協議を深めました。